読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会科学分野の外部試験活用による学修成果の可視化の一例

他の方のブログ記事*1を拝見し、EREという懐かしいキーワードを見て刺激を受けたので、新しい記事を投稿します。

 

近年、大学において学修成果の可視化が非常に重要視されています。

 

英語力については、TOEFLTOEIC、英検など一般的知名度の高いものが多く、これらを活用している大学や企業は少なくありません。

ちなみに、経済学では経済学検定試験(以下:ERE)というのがあります。これを学修成果の可視化や、さらには単位免除、試験免除に活用している大学は意外と多いのです。

大学や学校での取り組み|ERE 経済学検定試験

 

上記のブログ記事で知ったのですが、青山学院大学の経済学部は、学部生の受験料を全額学部負担するという手厚いサービス。大学ポートレートの学部の特色にも記載がありました。

青山学院大学 経済学部 学部の特色|大学ポートレート

早稲田大学上智大学学習院大学等では大学院入試の筆記専門科目の免除、そのほか、単位認定や学費負担軽減に活用している大学もあります。

経済学部ならERE、法学部なら法学検定など、社会科学系においても学修成果の可視化の材料となる外部テストは、探せば意外と多いようです。

 

ただし、それらの外部試験が、学部ごとのディプロマポリシー、企業等が求める能力に繋がっているかは個別に検証する必要があるでしょう。

ちなみに、私も学生時代にEREを受験しA+ランクを取得しましたが、大学院入試や就職活動ではそれを上手く活用できませんでした。

一方、別の大学で先にSランクを取得していた友人は、就職活動の際に専門的能力や知識を企業から評価されたためでしょうか、シンクタンクに就職し、経済エコノミストとして活躍しています。

もちろん、それだけが評価されての採用ではなかったはずですが、高得点者は実名が公表されるEREのハイスコアという結果に、高度な専門的能力の可視化に繋がるシグナリング機能が少なからずあったのではないでしょうか。

 

本記事で書いたEREや法学検定の他にも、様々な分野で、学修成果を可視化できる外部試験は存在すると思います。

これは完全に余談ですが、最近、私自身や(今後の)部下の心身の健康管理のために、健康管理能力検定*2の2級やメンタルヘルス・マネジメント検定*3のⅡ種ラインケア・コースを受験してきました。

マイナーな資格なので一般的にはあまり知られていないと思いますし、これらが今後の自分のキャリアに役立つかはわかりませんが、ささいな学「習」についても、その学「習」成果を可視化できるものが世の中にはあることに気づきました。

学位といった長期的なものに関わらず、短期的なささいなものでも、こうした外部試験を探し出して活用し、学修成果の可視化や学生の学習意欲に向上に繋げていくことも教学マネジメントの上では重要なのだと率直に感じました。

 

次回は、国立大学の文系学部改廃をテーマにしたIRerの頭の体操をテーマに書きます。 

 

※このブログの内容は個人的意見や見解です。所属組織とは一切関係がありません。