THE 世界大学ランキング2019の比較ツールの公開(Power BIとTalbeau版)

9月26日に発表されたTHE世界大学ランキング2019の比較ツールを作成・公開しました。
世界版・国内版の2ページです。

いずれも、右下のボタンから全画面表示にして利用することをおすすめします。

 

Power BI版

 

Tableau版

 

※2018年10月1日、推計順位の誤差の説明など、説明不足の箇所を修正しました。10月3日、 太字部分を加筆しました。

 

こちらは、推計スコア・推計順位による比較のほか、Overallスコアの3割を占めるCitationスコア、その全てを規定するFWCIに着目して、日本の大学のみ「FWCIがもし〇〇高かったら…」という推計順位も分かるようにしました。

 

なお、言葉のとおり、Overall・項目別加重スコアと順位は推計値です。順位は、Overallスコア推計値の小数点第2位以下の差も考慮して算出しているため、実際の公表順位と異なる場合があります。


また、「FWCIがもし○○高かった場合どれだけ順位が上がるか(Citation及びOverallスコアが上がるか)」の推計は、①全参加大学ではなく、日本の103大学のみをサンプルとして得た推計式を使用している、②データの対象年度は同じだが、推計に用いたデータの抽出時点とランキング用のデータ抽出時点が異なる、③その他にエルゼビアとTHEが何かしら調整をしていたとしてもその詳細はわからないことから、少なからず誤差があります。全1258大学のデータを落とすか、無作為に400ぐらいサンプルを抽出して推計すれば精度は上がりますが、さすがにそれはしんどいので、ボランタリーではたぶんやりません。

→10月3日、推計精度を上げるための修正を行いました。詳細は、power BIの4ページ目の説明をご覧ください。

  

プラスαの要素をいくつか盛り込んでますが、たいして難しい分析はしていません。デザインや指標に多少こだわっても、1~2営業日以内でできる内容です。公表データなので、講習等の教材にも良いかと思います。

 

どのみち同じ作業をする大学人が後から出てくるなら、先にやって早く共有してしまったほうが、大学業界のためになると思いますからね。こういう役割を本来担うべきなのは、(以下略)。

 

また、これを見て、ランキングを上げようとかいう話になるよりも、色々と特徴や問題点を浮き上がらせて、批判的議論に役立てば嬉しいなあと思います。もともと、イギリスの産業政策の一環として作られたものと言われてますので。

 

そもそも、ランキングがどのような指標を用いて決められているか、使われている指標にどのような特徴があるかについての理解が十分でないまま、「なぜこんなに日本の大学は低いのか」「いつまでに〇〇位以内に」、「〇〇位以内に△△校」などと主張している人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、最も短期的変動及び影響力が大きいと思われるFWCIのif推定を行っていますが、意図的に機関のFWCIを0.1、0.2上げることの難しさ(あるいは容易さ)、そして空虚さも、このようなシミュレーション推計の先に感じ取っていただければと思います。

 

特段の事情がない限り、今後もオープンにしておきますので、ご自由にお使いください。

気になる点や改善点があれば、お伝えください。